EFOってなに?解析で疑問を持ったら

実際の応募はとても少ないという場合など、EFOを考えてみる事がお勧め

ネットショップ等のWEBサイトを開き、解析を確認したらエントリーフォームへのアクセスは多数あるのに、実際の応募はとても少ないという場合など、EFOを考えてみる事がお勧めです。 EFOってなに?と、言葉自体が分からない人もいるでしょう。 EFOってなに?といえば、エントリーフォーム最適化の事で、注文や登録の際のエントリーフォームを使いやすくする事で、完了ボタンに到達しやすくしていく工夫です。 例えば、入力の項目ごとに文字の切り替えが必要、小さなミスがあるだけで、登録完了できず、入力を最初からやり直しといった事になれば、そこで登録を諦めてしまう人が出てしまいます。

使いやすさなどを考えておく事が大切

そうなると、解析ではエントリーフォームにたどり着いているのに、そこから先の申し込みがとても少ないという状態が生まれてしまいます。 その女体を防ぐには、文字の切り替えをしなくても良いフォームを作る、ミスがあっても手軽に修正できる、そんなエントリーフォームを作る事が有効となってきます。 言葉自体、馴染みが薄いもので、EFOってなに?と考えてしまう人は少なくありませんが、エントリーフォームを作る場合、とても重要な事になってくるのです。 ですから、EFOってなに?と軽く考えず、まずは作ったエントリーフォームを実際に使ってみて、改善点はないか確認しておく事が大切です。 エントリーフォームは、実際に使う人の立場に立って、使いやすさなどを考えておく事が大切です。

ページのトップへ戻る