離脱率に関わる、EFOってなに?

必要事項に関する項目を準備しておけばそれで良いと考える人もいるでしょう

WEBサイト上に注文や登録に関するエントリーフォームを作る場合、気にしておきたいのがEFOです。 EFOってなに?と考える人も多いでしょう。 EFOってなに?といえば、これはエントリーフォーム最適化の事です。 エントリーフォームは、必要事項に関する項目を準備しておけばそれで良いと考える人もいるでしょう。 ですが、ただ枠だけがあるエントリーフォームは、入力の項目事にひらがなと直接入力を切り替えたり、ミスが一つでもあれば最初から入力をやり直す必要があったり、利用者にストレスを与える事があります。

完了ボタンを押さずに作業を終了する人が増える原因

こうしたストレスがあるエントリーフォームの場合、完了ボタンを押さずに作業を終了する人が増える原因を作り、離脱率を高める事になります。 どれだけアクセス数が上がっても、エントリーフォームでの離脱率が高ければ、売上などには結びつかない事になります。 ですから、エントリーフォームを作る時は、EFOってなに?と軽く考えず、実際にEFOってなに?というところからしっかりと勉強をして、利用者にストレスを与えないエントリーフォームを作る事が大切になってきます。 例えば、文字入力に関して利用者が切り替えをしなくても手軽に入力できる、入力ミスがあっても、入力した内容は消えず、ミスがあった部分のみ訂正する事ができる、等の工夫をしておくだけで、離脱率は大きく下がる事になります。 ですから、サイト上で何かを入力してもらう際は、EFOについて気にしておく事がお勧めです。

ページのトップへ戻る